出会い系サイトは不倫専用のサイトなのか

実際に出会い系サイトを利用している身としては、こういうことを言われるとちょっとショックなんです。腹が立つというよりは、ショックなんですよね。どうして単純に腹が立つだけで終わらないのかっていうと、実際に出会い系サイトを信用して利用している私でさえ、たまに「やっぱり出会い系サイトは不倫専用のサイトみたいになってしまっているのではないか」とか「例えば結婚を前提とした恋人探しとか、そういう出会いには向いてないんじゃないか」とか、いろいろな不安が頭をよぎります。

私自身が、出会い系サイトを恋人探しのためのサイトとして利用しているから、出会い系サイトをそういう目的のために利用するのは間違っている、といわれると余計に不安になるんですよね。真剣に恋人探しをしているのにそれが無駄な好意だといわれるとショックじゃないですか。

私はもともと、男女の出会いを求めるという際に出会い系サイトやアプリは利用していなくて、お金と時間を使ってでもコンパ系のイベントに参加していました。恋人探しの方法としては絶対にそっちのほうがいいと考えていたからです。

ところが結論から言うと、そう言ったイベントに参加してもなかなか男女の出会いはうまくいかず、コンパ系のイベントに参加してせっかくアドレスを交換するところまで言った女の子とも、コンパが終わればほとんどメールのやり取りをしなくなって(だって、コンパの会場で一回会っただけの女の子と、結局どんな話をすればいいのかなんてことはぜんぜんわからなくて、かといって相手からメールが届くのを待っていてもそんなチャンスがあるわけなくて。

結局、コンパ系のイベントに参加しても出会いのチャンスはなかなかないのだということに気づいて、もっと私の性格に遭ったやり方で出会いを求めようと思いました。それで考えたのが、すごくベタなんですけど出会い系サイトを利用することだったのです。

確かに、不倫サイトを利用している人の中には不倫目当ての人妻とかもすごく多いです。それは私自身、人妻と遭遇した経験などがあるのでちゃんと気づいています。出も出会い系サイトの役割って、そういうことだけじゃないということを信じたいのです。恋人探しをしている男女が私以外にもたくさんいると信じたいのです。

まあ、優良な出会い系サイトをしっかり見ていくと、会員同士の婚活をサポートするサイトなんかもあって、私としては胸をなでおろしているのですが。